学習塾経営成功マニュアル

『学校・塾を作るための12章・完全版』Version 2.0 全240P

学習塾業界の経営状況とフランチャイズ

【送料無料】「学習塾」の始め方・儲け方

学習塾の業界では、経営が好調な学習塾と、経営不振で厳しい学習塾とに大きく二分されています。

経営が好調な学習塾は、主に大手フランチャイズチューン加盟の学習塾で、厳しいの学習塾は、個人経営の学習塾が多くなっています。

このように、学習塾の経営が二極化されている大きな背景は、
子供の数は減少傾向にある
・一方、子供一人当たりの教育費は増加している
ことなどがあげられます。

各家庭における子供にかける教育費は、現在年間130万円にものぼっていおり、子供に魅力ある学習システムを提供している学習塾、特に大手フランチャイズ・チェーンの学習塾は成長をとげ、ニーズを取り込めない学習塾の経営は厳しい課題を抱えています。

このように、個人経営の学習塾は苦戦し、新しいノウハウを持ったフランチャイズの学習塾チェーンが伸長しているのも最近の傾向です。

関塾での独立開業

スクール&教室運営のための「生徒集客バイブル」

大手学習塾関塾を例に、学習塾の経営独立開業について考えてみましょう。

関塾をはじめとする、学習塾のフランチャイズチェーンは、直営教室で獲得したノウハウを全国に展開していくため、フランチャイズ加盟店を募集しています。
関塾も、直営教室や全国の加盟教室での経験、ノウハウを武器に加盟店を募集しています。

関塾は、完全個別指導教室「Dr.(ドクター関塾」と、集合授業「進学学院」を展開しています。

関塾の個別指導塾「Dr.(ドクター)関塾」は、、「教師:生徒=1:1〜2」で行っています。個別指導と言っても、塾毎に特徴があり、「教師:生徒=1:1〜4」の幅があります。「Dr.(ドクター)関塾」は厳密な意味での個別指導を志向しています。
独立開業する場合、加盟金は、約400万円(別途、開設費用約350万円必要)、ロイヤルティーは毎月売上高の12%です。
個別指導塾は、教師の募集も大変ですが、本部が教師募集も支援してもらえます。

いずれにしても、フランチャイズに加盟し、学習塾で独立開業する場合は、教育に対する熱意、加盟本部の見極め、損益しっかりとする必要があります。

フランチャイズ加盟は契約書をよく読んで!

THE起業スペシャルDVDセミナー

フランチャイズで学習塾を開く場合も、独自で学習塾を開業するのと同様、自己責任が大前提です。

フランチャイズ本部を当てにしすぎて、自助努力を怠ると、成功は難しいですし、「話が違う」と裁判所に訴えたところで、ほとんど勝ち目はありません。

一方、フランチャイズをうまく活用すれば、学習塾の経験がなくても、すぐにビジネスを立ち上げることが出来ます。ノウハウとスピードをお金で買うことができるのです。

フランチャイズに加盟する場合には、「契約書をじっくり読んで、内容をしっかり理解してから」加盟契約書に印鑑を押してください。

特に、「●●費」などの費用関連項目は、赤字でチエックし内容・範囲をしっかりと確認すること、また、解約時に違約金、リース残金などを払わなくてはいけないので、解約時のことについても最初に確認するようにとのことでした。

日本人は、「契約」にあまり慣れていない面がありますが、フランチャイズ加盟は契約がすべてです。納得の上で、加盟を決めてくださいね。
契約をしっかり理解することは、加盟店にとっても、本部にとっても良いはずですから。

学習塾フランチャイズ加盟と法人設立

学習塾は、個人営業の塾もありますが、少し大きくなると、法人化した方が、開業経営のメリットは大きくなります。

最近の学習塾は、生徒一人当たりの学費も高く、また講師に払う費用も多額になりますので、法人化されていない学習塾は、株式会社を設立されたほうが、一般にはメリットは大です。、

フランチャイズに加盟し、複数の学習塾を展開する際にも、経営上、法人化は不可欠です。

会社設立も、今は1人でも行なえますよ!、

株式会社設立問題解決マニュアル【モデルケースA】

学習塾の開業、経営、フランチャイズ加盟で大切なこと

フランチャイズに加盟し、学習塾開業経営する場合に、考えなければいけない点は、

1.対象地域での子供の数が多いか、また増加しているか?
2.教育に対する地域の関心度は高いか?
3.競合する学習塾、特にフランチャイズ加盟学習塾が多いか、少ないか?
4.教育指導内容、授業の雰囲気に魅力があるか?
5.講師の指導レベルが高いか、また一定であるか?

などです。

学習塾の大手フランチャイズチェーンは、教室を進出する場合、上記の1〜3を重視、検討し、また4〜5についても、継続フォローできる体制があります。

個人経営の学習塾は、健闘しているところもありますが、1〜3の変化に対応できず、また4〜5も充分フォロー出来ていないケースが目立ちます。

また、フランチャイズ加盟であれ、個人経営であれ、学習塾の経営者、講師は、子供が好きで、教育に対して熱意を持っていることが、絶対条件のです。

個別指導のフランチャイズ学習塾が伸びる

学習塾と言えば、これまで集合型のスタイルがほとんどでした。これでは、生徒の学力によって、理解差が出てきます。

現在大きく伸びているのは、個人の学力に合わせた個別指導フランチャイズ学習塾です。

フランチャイズの個別指導塾は、言わば、家庭教師のような感じで授業を行いますが、講師1名につき、生徒1名のパターンもあれば、生徒が2名、3名のパターンもあります。このパターンの学習塾は、ほとんどがフランチャイズ加盟の学習塾です。

ただ、個別指導学習塾と言っても、フランチャイズ本部によって、授業の進め方に違いがあります。

フランチャイズ加盟により、学習塾を開業、経営する場合、まずは、そのフランチャイズ本部傘下の学習塾の授業を実際に見学、体験し、子供の学力、性格など適した学習塾を選ぶことが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。